オリンピック・スポーツ

2022最新!羽生結弦の年収は10億⁉︎プロ転向で2倍の違いとの噂も

プロ転向を発表した、男子フィギュアスケート選手の羽生結弦選手。

アマチュアからプロに転向した羽生結弦さんの年収が気になりますね。

今回はプロに転向した羽生結弦さんの年収と選手時代の年収との違いを調査しました。

2022年最新!羽生結弦のプロ転向後の年収は10億円!?

プロ転向を発表した羽生結弦さんの年収は、一体いくらになるのでしょうか?

結論から申し上げますと、

羽生結弦さんのプロ転向後の年収は、10億円(推定)

と言われています。

羽生結弦さんのプロ転向後の収入源を確認してみましょう。

羽生結弦のプロ転向後の収入源

プロ転向後の羽生結弦さんの年収は、一体いくらになるのでしょうか。

羽生結弦さんのプロ転向後の収入源(推定)をご紹介します。

収入源 金額 備考
CM出演料 8000万円×?回 1CM:8000万円(推定)
TV出演料 150万円×?回 1出演:150万円(推定)
アイスショー出演料 1000万円 1ステージ200万×5回(2021年実績から推定)
印税やグッズ収入 2500万円 書籍の寄付額から推定
ANAアンバサダー・サポート契約 5000万円  
その他アンバサダーサポート契約 2.7億円 1社3000万円×9社
年収 10億円以上(推定)  

プロ転向後の羽生結弦さんの年収は、推定10億円以上なんだそう。

羽生結弦さん同様アマチュアからプロに転向した浅田真央さんのプロ転向後の推定年収は5億を超えており、羽生結弦さんはその倍以上になるとみられているようですね。

浅田真央は…年収は5億円を軽く超えたとフィギュア界で話題になった。…少なくとも今回のプロ転向で年収は浅田の倍以上にはなるはず

(引用:ゲンダイ

羽生結弦さんは現役フィギュアスケート選手時代から世界中で人気のあった選手ですので、もっと年収はあがるのでは?との見方もあるようです。

それではもう少し詳しく、羽生結弦さんのプロ転向後の年収についてご紹介します。

スポンサーテキスト



年収①CM出演料

羽生結弦さんのCM出演料は、1CMで推定8000万円と言われています。

羽生結弦さんは過去にも資生堂の雪肌精や、西川布団のCMなどに出演しています。

プロ転向後に何本CMに出演するか定かではありませんが、人気の高い羽生結弦さんですので多くのオファーが来ると予測されていますよ。

年収②TV出演料

人気アスリートのTV出演料は、1番組につき100万円~150万円程と言われています。

羽生結弦さんはトップアスリートの中でも人気の高い選手ですので、150万円とみられているようですね。

プロ転向後いくTV出演のオファーがくるかはわかりませんが、多くの出演依頼が殺到することも予測できます。

キャスターも?

プロ転向後の羽生結弦さんには、NHKのスポーツキャスターの話も浮上しているよう。

羽生結弦へのキャスターのオファーについてNHK・林総局長「出たいとおっしゃっていただけるなら…」

(引用:サンスポ

NHKの20代~30代のキャスターの年収は、年収600万円程と言われています。

もし羽生結弦さんのスポーツキャスターが実現したとすると、もっと推定年収は上になるのでは?との意見も多いようですよ。

年収③アイスショー出演料

羽生結弦さんのアイスショーの出演料は、1ステージ200万円程と言われています。

2021年には4回アイスショーに出演していますので、プロ転向後はもっと多くなるかもしれませんね。

200万円×5回のアイスショーで、1000万円を突破します。

ラスベガス公演とCMで10億円以上!

現役時代の羽生結弦さんはアメリカやカナダで練習していたこともあり、

「ラスベガスで公演できるようなステージを作りたい!」

という願望を持っているんだとか。

「羽生さんは、アメリカやカナダで練習していたこともあり、『エンターテインメントの本場・ラスベガスで公演できるようなステージを作りたい』という願望を周囲に明かしていました。

(引用:FLASH

ラスベガスでの公演が実現するとすると、CM含めて羽生結弦さんの収入は10億円近くになるのでは?と言われているようですよ。

プロ転向後にタレント活動なども開始するとすると、さらに収入は跳ね上がります。

プロ転向後の羽生結弦さんの年収は、すごいことになりそうですね。

年収④印税やグッズ販売

羽生結弦さんは「蒼い炎」シリーズの著作が有名ですが、印税は全て「アイスリンク仙台」にに寄付されているんだそう。

2021年時点の累計寄付額は、3000万円を突破しているようですよ。

プロ転向後の羽生結弦さんの印税がどのくらいになるかは不明ですが、選手時代を綴った書籍なども今後販売されるのかもしれませんね。

年収⑤ANAアンバサダー・サポート契約

羽生結弦さんは、選手時代からANAと所属契約をしています。

契約金額は年間8000万円と言われており、プロ転向後も契約は延長されるのは?との見解が多いようですね。

年収⑥その他アンバサダー・サポート契約

羽生結弦さんは2021-2022シーズンで、9社との契約を結んでいます。

  1. P&G
  2. ロッテ
  3. ファイテン(アドバイザリー契約)
  4. 味の素
  5. 東京西川(サポート契約)
  6. 資生堂
  7. 東和薬品
  8. バスクリン(サポート契約)
  9. シチズン

羽生結弦さんのアンバサダー契約料は3000円万円程とみられていますので、9社で2.7億円。

プロ転向後は、アンバサダー契約数も増えるのでは?との声も多いようです。

選手時代はJOCの意向により『JOCの認めたスポンサーとの契約しかできなかった」為、プロ転向後はスポンサーが急増しそうですね。



羽生結弦の現役時代の収入は?プロ転向後との違いも比較!

羽生結弦さんの現役時代とプロ転向後の、年収の違いについてまとめました。

収入源 現役時代 プロ転向後
世界選手権 670万円
グランプリシリーズ 199万円
グランプリファイナル 275万円
ヨーロッパ/4大陸選手権 230万円
オリンピック 1千万円
特別強化選手補助金 240万円
CM出演料 1CM・8000万円 1CM・8000万円
出演回数アップの見込み
TV出演料 1CM・150万円 1CM・150万円
出演回数アップの見込み
アイスショー出演料 800万円(2021年) 1ステージ・200万円
出演回数アップの見込み
印税やグッズ販売 2500万円 増加の見込み
ANAアンバサダー 5000万円 5000万円(継続見込み)
その他アンバサダー 1社3000万円×9社=2.7億円 2.7億円
増加の見込み
推定年収 7億円前後 10億円越え

※獲得賞金は金メダルの場合

プロ転向後の羽生結弦さんは大会での賞金獲得が無くなる代わりに、JOCとの契約が切れるため、報酬の10%を収める義務から解放されます。

出演料や契約料などが、そのまま羽生結弦さんに収められる…ということですね。

現役時代の羽生結弦さんの収入は7億円程と言われていましたが、プロ転向後は10億円以上に跳ね上がるのでは?とみられていますよ。

スポンサーテキスト



まとめ

今回はプロに転向した羽生結弦さんの年収と選手時代の年収との違いを調査しました。

選手時代の羽生結弦さんの年収は推定7億円といわれており、プロ転向後の年収は10億円以上と言われていることが判明しました。

プロ転向後の羽生結弦さんの活躍も楽しみですね。