女優・俳優

石原さとみの本名・石神国子の読み方は?ダサいのは創価学会が名付けたから?

石原さとみの本名・石神国子の読み方は?ダサいのは創価学会が名付けたから?

美しい容姿と抜群の演技力で数々の作品に出演の、石原さとみさん(いしはら・さとみ)さん。

そんな石原さとみさんの本名は、「石神国子」という名前。

ファンの間では石原さとみさんの本名についてなんかダサい…と話題になっています。

今回は石原さとみさんの本名「石神国子」について、読み方や創価学会が名付け親という噂ついて調査しました。

石原さとみの本名は石原国子!読み方は?

石原さとみさんの本名と読み方は

石神国子(いしがみ・くにこ)

です。

本名がダサいと話題

2022年現在、女の子の名前は「澪」や「陽菜」などの名前が人気。

そのため、石原さとみさんの本名「国子」という名前は、ダサいというか…ちょっとインパクトを感じる方も少なくないようです。

堀北真希と石原さとみの本名ってダサいよね?(Yahoo!知恵袋

スポンサーテキスト



石原さとみの本名・石神国子がダサいのは創価学会が名付けたから?

石原さとみさんの本名・石神国子がダサいと話題になっていますが、本名の名付け親は創価学会との噂があります。

石原さとみさんの本名・石神国子は、創価学会の第3代会長池田大作氏が名付けたと噂されているんですね。

本名ではなく芸名の名付け親

ただ、そんな創価学会のボス・池田大作さんが名付けたのは、

本名・石神国子ではなく、芸名・石原さとみの方

だったと言われています。

石原さとみの卒アル画像

『石原さとみ』さんの芸名は、創価学会がつけたものだったんですね。

石原さとみさんの本名・石神国子がダサいと言われている原因は、創価学会ではなさそうです。

石原さとみの由来

創価学会の名誉会長・池田大作氏が命名したと言われている、芸名「石原さとみ」

名前の由来は、

  • 「ダイヤの原石」の『原石」を逆にして、苗字に。
  • 聡明で美しい人という意味の聡美を、ひらがなにして名前にした。

と言われています。

芸能界の『原石』を逆にして苗字に。『聡』明で『美』しい人であれという意味の『聡美』を平仮名にして命名されました

(引用:アサジョ

石原さとみさんの芸名を、なぜ創価学会の名誉会長・池田大作さんが命名したのでしょうか?



なぜ石原さとみの芸名を創価学会が名付けたの?

なぜ石原さとみさんの芸名を、創価学会の名誉会長・池田大作氏が名付けたのでしょうか。

創価学会の名誉会長・池田大作氏が「石原さとみ」さんの名付け親になった理由は、こちらです。

創価学会が名付け親の理由

  1. 理由①石原さとみの父親が創価学会幹部
  2. 理由②石原さとみの母親は聖教新聞の庶務課秘書
  3. 理由③石原さとみは創価学園出身

それではもう少し詳しく、創価学会が石原さとみさんの名付け親になった理由についてご紹介します。

理由①石原さとみの父親が創価学会幹部

石原さとみさんの父親は、20代の頃から創価学会の幹部を務めているんだそう。

石原は、創価学会本部職員を父にもつ

(引用:デイリー新潮

石原さとみさんの父親は、創価学会の中でも「幹部」として人望が高い人物のようです。

その為、石原さとみさんは創価学会・池田大作氏から名付けられる機会があったのでは?と言われています。

理由②石原さとみの母親は聖教新聞の庶務課秘書

石原さとみさんの母親は、若い頃聖教新聞の庶務局で幹部の秘書を務めていたんだそう。

聖教新聞は、創価学会が発行している新聞として有名ですね。

石原さとみさんの母親もまた創価学会とのつながりがあったため、芸名を名付けられたのでは?と言われていますよ。

理由③石原さとみは創価学園出身

石原さとみさんは創価学園の卒業生で、

  • 創価小学校
  • 創価中学校
  • 創価高校(偏差値70)

と、小学校~高校まで創価学園で教育を受けています。

面接試験の際に創立者である池田大作のどこを尊敬しているのかを答えさせるなど、宗教色の強い教育機関

(引用:プレジデント

創価学園に入学する為には、創価学会創立者についての質問に答えなければならない…などがあるようですね。

その為、創価学園出身である石原さとみさんもまた、創価学会信者だと囁かれています。

石原さとみさんの芸名を創価学会が名付けたのは、石原さとみさん自身が信者だったから…というのも関係しているのでは?と言われていますよ。

スポンサーテキスト



まとめ

今回は石原さとみさんの本名「石神国子」の読み方や、名付け親について調査しました。

石原さとみさんの芸名を名付けたのは、創価学会の池田大作氏だということが判明しました。

今後も石原さとみさんの活躍を応援していきましょう。