オリンピック・スポーツ

宇野昌磨の父親の職業はIT社長!会社所在地や年収は?顔画像も紹介

宇野昌磨の父親の職業はIT社長!会社所在地や年収は?顔画像も紹介

2022年北京オリンピック男子フィギュアスケートで見事銅メダルを獲得された宇野昌磨(うの・しょうま)さん。

そんな宇野昌磨さんの父親は、IT企業の社長なんだとか。

今回は宇野昌磨さんの父親の、

  • 職業はIT企業の社長
  • 会社の所在地や年収
  • 顔画像

について、ご紹介します。

宇野昌磨の父親の顔画像や名前は?

宇野昌磨さんは父親・母親・宇野昌磨さん・弟・祖父の5人家族。

今回は宇野昌磨さんの父親についてご紹介します。

  • 名前 宇野宏樹
  • 年齢 57歳(2022年1月現在)

2010年1月27日に「ミヤネ屋」で宇野昌磨さんが特集を組まれたことがあります。

そのときに宇野昌磨さんの父親・宏樹さんも出演していました。

その当時は父親・宏樹さんは45歳でした。

眼鏡が印象的で優しそうな父親ですね。

宇野昌磨さんと一緒に出演していることから、面倒見のいい父親な可能性が高いといえますね。

スポンサーテキスト



宇野昌磨の父親の職業はIT社長!会社はどこ?

なんと宇野昌磨さんの父親・宇野宏樹さんの職業はIT社長です。

会社名は「株式会社ウィード」といいます。

会社概要

宇野昌磨さんの父親・宏樹さんが社長をしているのはどんな会社かというと、

  • 会社名  株式会社 ウィード
  • 取締役  宇野宏樹
  • 設立     2000年7月28日
  • 資本金  300万円
  • 所在地  名古屋市東区代官町25-13 名貿ビル3C
  • 従業員数          10名
  • 取引銀行          三菱東京UFJ銀行 東支店
  • 中日信用金庫 柳原支店

業務内容は

  • テクニカルマニュアル作成業務
  • テクニカルイラスト作成業務
  • 販売促進ツール作成業務
  • 企画・デザイン全般

となっています。

主な取引先は

  • ブラザー工業株式会社
  • 富士ゼロックスサービスリンク株式会社
  • KYB株式会社

などの大手会社がありました。 

上場はしていないようです。

メイン業務

宇野昌磨さんの父親・宇野宏樹さんが社長の会社はサービスマニュアル制作がメイン業務のようで、

実用的で、視認性の高いサービスマニュアル作りは
弊社の制作業務の柱です。

引用:株式会社ウィード

とホームページにも記載されています。

「モヤモヤ」を「カタチ」に変えるをコンセプトに掲げている会社のようですね。

従業員数は10名とあり、人数は多くありませんね。

小規模な会社のようです。

会社の場所は名古屋市

宇野昌磨さんの父親・宏樹さんが社長の会社「株式会社ウィード」の場所は愛知県名古屋市です。

愛知県名古屋市は宇野昌磨さんが生まれ育った土地でもありますね。

父親・宇野宏樹さんが会社を立ち上げたのは2000年7月28日で、宇野昌磨さんが3歳の頃のようです。



宇野昌磨の父親の職業・社長としての年収は?

宇野昌磨さんの父親・宇野宏樹さんは社長です。

となると年収がどのくらいなのか気になるところですね。

調べてみましたが、宇野昌磨さんの父親・宏樹さんの年収は公表されていないようです。

そこで、一般的な社長の年収や資本金から、宇野昌磨さんの父親・宏樹さんの年収を推測してみました。

一般的な社長の年収

一般的に中小企業の社長の平均的な年収は700〜800万円のようです。

低くても500〜600万円程度だそうです。

しかし、IT企業はコストがあまりかからない業種と言われていますので、平均よりは高めになると考えられますね。

資本金から予想

資本金から見る年収の相場によると、資本金3000万円未満は平均年収が1205万だそうです。

宇野昌磨さんの父親・宇野宏樹さんの会社は資本金300万円です。

ですので宇野昌磨さんの父親・宇野宏樹さんの年収は1000万円ほどではないかと考えることができますね。

いずれにせよ、株式会社ウィードという会社の社長ですので普通のサラリーマンの年収よりは多いと予想できます。

フィギュアスケートはお金がかかる?

フィギュアスケートは何かとお金がかかるスポーツと言われています。

トップ選手だと遠征費や衣装代などを含めて年間1000万円ほどかかるのだとか。

テレビに映るご実家の内装やインテリアも高級感がありますよね。

そのため、実際には

宇野昌磨さんの父親の年収は1000万円以上ある

可能性もありそうです。

それでも宇野昌磨さんを応援し続けている父親・宏樹さんの年収は決して少なくないと思われますね。

スポンサーテキスト



宇野昌磨と父親のエピソード2選

宇野昌磨さんと、父親・宇野宏樹さんはどんな親子なのでしょうか?

2人のエピソードをご紹介します。

スケートが大好きな宇野昌磨さん

宇野昌磨さんは、スケートに遊びに行ったことがきっかけで短期のスケート教室に通うことになったそうです。

そして浅田真央さんに誘われて、フィギュアスケートを始めました。

今では考えられないですが、最初の頃の宇野昌磨さんは怪我が多かったそうです。

宇野昌磨さんの父親・宏樹さんは怪我を心配していました。

そこで父親・宏樹さんは、宇野昌磨さんに「スケートをやめたいと思わないの?」と聞いてみたそうです。

すると宇野昌磨さんは「やめて何やるの?」と答えたんだとか。

宇野昌磨さんは、他になにをやるか浮かばないほどスケートに夢中になっていたんですね。

その答えを聞いて、父親・宏樹さんは現在まで宇野昌磨さんを応援し続けているようです。

怪我を心配しつつも、フィギュアスケートに熱心に取り組む宇野昌磨さんを応援する素敵な父親ですね。

宇野昌磨さんのファンへの手紙

2018年に、宇野昌磨さんの父親・宏樹さんがあるものを作りました。

何を作ったかというと、宇野昌磨さんのファンの人々へのお礼の手紙です。

父親・宇野宏樹さんが、宇野昌磨さんを応援してもらっていることへの感謝の気持ちを込めて書いたそうですよ。

なんとすべて手作りなんだとか。

デザインも、封筒に入れるのもすべて手作業でやったそうです。

息子の宇野昌磨さんだけでなく、応援してくれているファンも大切にする父親だということがわかるエピソードですね。

スポンサーテキスト



まとめ

今回は宇野昌磨さんの父親の、

  • 職業はIT企業の社長
  • 会社の所在地や年収
  • 顔画像

について、ご紹介しました。

宇野昌磨さんの父親・宏樹さんは愛知県名古屋にあるIT企業で社長を務めていることが判明しました。

今後も宇野昌磨さんの活躍を応援していきましょう。