政治家・VIP

安倍晋三の搬送先の病院は奈良医大!ドクターヘリで搬送時の様子も

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄「大和西大寺駅」駅前にて、応援演説をしていた安倍晋三元首相が銃で撃たれ、心肺停止状態に。

すぐに病院に搬送されたとのことですが、いったいどの病院に搬送されたのでしょうか。

今回は、安倍晋三元首相が襲撃後に搬送された病院について調査しました!

安倍晋三元首相が搬送された病院は奈良医大

安倍晋三が搬送された病院は奈良医大!ドクターヘリで搬送時の様子も

安倍晋三元首相が搬送された病院は、奈良県立医科大学附属病院です。

病院名 奈良県立医科大学附属病院
所在地 奈良県橿原市四条町840
病床数 945床
開設 1945年4月

奈良医科大学附属病院は、奈良県災害拠点病院に指定されており、高度救急救命センターを設置。

ドクターヘリも奈良医科大学附属病院が所有しているもので、ドクターヘリの扱いは迅速で適切な処置がされたものと思われます。

スポンサーテキスト



安倍晋三元首相の奈良医大までの搬送方法はドクターヘリ

安倍晋三元首相の奈良医大までの搬送方法はドクターヘリ

ルート検索上では、奈良医科大学附属病院は、安倍晋三元首相が撃たれた「大和西大寺駅」からは車で1時間。

救急車でもかなり時間がかかるということで、安倍晋三元首相はドクターヘリで搬送されました。

奈良県立医科大学附属病院によると、ドクターヘリによる搬送は、県内であれば15分以内という迅速さ。

安倍晋三元首相は、撃たれた時点ですでに心肺停止との情報もあります。

早急な手当で、どうか助かることを願うばかりです。