政治家・VIP

愛子さまの替え玉説はなぜ浮上した?八重歯や耳が違うニセモノと噂の画像も調査

愛子さまの替え玉説はなぜ浮上した?八重歯や耳が違うニセモノと噂の画像も調査

美しくご成長され、注目されている天皇家の御息女・愛子さま

数年前からその愛子さまに「替え玉」説が浮上しています。

今回は、なぜ愛子さまの替え玉説が浮上したのか、八重歯や耳が違うと噂されているニセモノとの画像も調査していきます。

愛子さまの替え玉説がTwitterで話題に!

現在の彼

2021年12月に二十歳を迎えられ、成年皇族となられた愛子さま。

お母様である雅子さまの面影を感じる上品な顔立ちと、背丈の高いスラリとしたスタイルが多くの国民から注目を集めました。

しかし、幼い頃からのご成長を見守ってきた人の中には愛子さまの変化を見て「替え玉」説を唱える人もチラホラ…

替え玉

愛子さまには2人のニセモノが存在するといった話もあります。

メディアに出ている愛子さまが替え玉であると噂されるようになったのはなぜなのでしょうか。

スポンサーテキスト



愛子さまの替え玉説の発端は「激ヤセ報道」?

激ヤセ

愛子さまの替え玉説が浮上したのは、2016~2017年にかけてメディアに登場された際のご様子からのようです。

これまでの愛子さまとは別人のようにほっそりされた愛子さまの姿に、多くの国民が驚きを隠せませんでした。

どうやら激ヤセの原因は過度な炭水化物ダイエットとの話です。

この頃の愛子さまは15歳という多感な時期でもあり、アイドルやモデルに憧れてご自身の見られ方を気になさっていてもおかしくありませんよね。

しかし、この「激ヤセ」が替え玉説に拍車をかけることになったようです。

週刊PRIMEでもこの替え玉説について取り上げられたことがあります。

全国紙記者
全国紙記者
’17年ごろからでしょうか、一部皇室ファンの間で“愛子さま影武者説”というのが浮上してきているんです。この説は、メディアに公開された愛子さまの映像や写真を見くらべて、愛子さまの“影武者”が複数人いると唱えるものです。

それに対し皇室関係者は

そのような事実は承知しておりません

と全否定しています。

激ヤセ

過去の画像と並べてみても別人並みな変化となっており、替え玉と言われても納得してしまいそうになる気持ちもわかります。

果たして本当に愛子さまには替え玉が存在するのでしょうか。



愛子さまの替え玉説が事実とされる証拠はあるの?

替え玉の証拠

愛子さまの替え玉について調査する中で、どうやら現在は”ニセモノが2人いる”と言われていることがわかりました。

それぞれに呼び名が付いており、

  1. ダミー愛子さま
  2. 影子(うずらちゃん)

とされているようです。

そのように言われるようになった理由は何なのでしょうか。

理由①歯並びと八重歯

八重歯

理由の1つ目は、愛子さまの歯並びが変わっていたり八重歯があったりなかったりするというものです。

幼い頃からの画像を見比べてみると、歯並びに微妙な違いがあるようです。

同じ時期のお写真にもかかわらず、歯と歯の隙間の多い時や、歯並びがキレイな時、思春期頃からは八重歯がある時とない時など。

八重歯

どうやら

  • 本物の愛子さま=歯並びがガタガタ
  • 替え玉の愛子さま=歯と歯に隙間がない・八重歯がある

と分析されています。

理由②耳

理由の2つ目は、愛子さまの耳の位置です。

愛子さまは、画像や映像によって耳の位置が移動しているというもの。

耳の位置

分析した人によると

  • 本物の愛子さま=目と鼻の間に耳
  • 替え玉の愛子さま=目と同じ高さに耳

という配置になっているのだとか。

耳の位置の他にも、耳の形・耳たぶの厚さもその時々で変化していると言われていました。

スポンサーテキスト



理由③目と歯の比率

理由の3つ目は、愛子さまの目と歯の比率です。

この比率は10歳を過ぎると基本的には変化しないと言われています。

その比率が、画像によって違っている分析されていました。

比率
  • 本物の愛子さま=1.0 : 0.92
  • ダミー愛子さま=1.0 : 0.98
  • 影子(うずらちゃん)=1.18 : 1.0

たしかに顔のパーツの配置は早々変わるものではありませんよね。

理由④身長が縮んでいる

理由の4つ目は、愛子さまの身長が縮んでいるというもの。

様々な対象物との比較の中で、このように言われるようになったようです。

天皇陛下と比較し分析した人が次のような比較画像を作成されていました。

身長画像元:https://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=236

特に2014年と2016年を見比べてみると、身長が縮んでいるように見えます。

このことから

  • 本物の愛子さま=天皇陛下より若干身長が低い
  • 替え玉の愛子さま=天皇陛下よりかなり身長が低い

と分析されていました。

スポンサーテキスト



愛子さまの替え玉説は現実的?

替え玉の必要性

「替え玉」と言えば、戦国時代など戦乱の中で要人の命を守るために使われてきた手法です。

この平成~令和の時代になぜ替え玉が必要なのか、疑問ですよね。

その点について、発達障害を隠すための健常者アピールなどといった根も葉もない噂がまことしやかにささやかれていますが、非常に非現実的な話ではないでしょうか。

  • 替え玉を用意するのは現実的に考えて無理
  • 万が一バレた時のリスクが高すぎる

情報が流れやすいこのご時世に、これほどリスクの高い行為を行うとは考えられません。

替え玉説の証拠として挙げられている4点についても、すべて”画像の見え方”の問題であって角度やカメラの性能、画像処理でいくらでも手を加えられる不確定なものです。

影武者が必要な理由を考えてみても、やはり替え玉説は噂が独り歩きしている印象をうけます。

まさに愛子さまへの国民の関心の高さを表しているといえるのではないでしょうか。

スポンサーテキスト



まとめ

ここまでなぜ愛子さまの替え玉説が浮上したのか、八重歯や耳が違うと噂されているニセモノとの画像も調査してきました。

様々な憶測が飛び交う替え玉説ですが、確証のない部分が多く非現実的な話といえそうです。

それだけ多くの人が愛子さまに高い関心を持っているというのがよくわかりました。